HOME   »  深夜奇譚
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どもたちに人気の『妖怪ウォッチ』のヒットで、今や空前の妖怪ブームなわけだが、外国人から見ても日本の妖怪はクールジャパン的な魅力があるみたいだ。



そこで、外国人が選ぶ恐ろしい妖怪ベスト10をご紹介しよう。
それでは、外国人を震えあがらせた妖怪の数々、ご覧頂こう。


1: 雪女


2: 片耳豚


3: ヤマタノオロチ


4: アッコロカムイ
5: がしゃどくろ
6: 見越し入道
7: イクチ
8: おとろし
9: 酒呑童子
10: 牛鬼

なじみがあるものから聞いたこともないものまでランクイン。
外国人の中には未だに日本にはちょんまげのサムライがいてハラキリしてると本気で思っている人もいるらしいから、もしかしたらこれらの妖怪も実在すると恐怖に打ち震えているかも知れない。

ちなみに、純日本人の俺が恐ろしいと思っている海外の妖怪は『スレンダーマン』

[ソース:LISTVERSEうしみつ]


スポンサーサイト
今ネットを中心に新たな都市伝説が囁かれている。



皆さんは「コロコロさん」なるものを耳にしたことはあるだろうか?
「コロコロさん」とは、東京・新宿区と千代田区にある市ヶ谷駅周辺で最近目撃されている、コオロギ男だ。

深夜、市ヶ谷周辺を歩いていると「コロコロ」とまるで鈴虫が鳴いているような風流な音がしてくる。
音が聞こえてきた方に目をやると、薄暗い坂の下には中年で小太りのおじさんがひとりでうつむき加減に立っていた。
ゆっくりあげる顔を覗くと、黒々としていて人間ではない何かの顔つきをしており、
足はいわゆる普通の人間とは逆の方向に関節が曲がっていた。

次の瞬間、おじさんは足を踏ん張ると、坂の下から坂の上までひとっ跳びして消えてしまった……

というものだそうだ。
それ以来、コオロギ男が深夜に出没するという噂が広まったという。

目撃談の中には「コロコロ」が「コロスコロス」に聞こえる、
コオロギ男に連れ去られてしまった人がいるなど、
尾ひれの付いた話も登場するなどし、いつのまにか「コロコロさん」と言われ都市伝説化した。


単なる都市伝説ではないかと思われていた「コロコロさん」だが、ある男の死によって真実味を帯びることになる。


スレンダーマン…それは、黒い服を着た長身の男の姿。
子供を誘拐したり、傷つけたりする幽霊のような正体不明の謎の存在。
2009年頃からインターネット上の都市伝説として世界中に話が拡散している。


※イメージ画像


このブログでも何度かお届けしているスレンダーマンだが、
イギリス・スタフォードシャー州カノックチェースではここ1ヶ月でスレンダーマンの目撃報告が相次いでおり、
住人たちは恐怖と不安に眠れぬ夜を過ごしているという。


昨年12月14日にスレンダーマンを見たという女性。
その夜午前2時前、寝室で何かをひっかく音を聞き、女性は目を覚ました。
すると衣装棚の端に、球形の影のようなものがいたという。
女性はもっとよく見るために、ベッドから身を起こそうとしたところ、
影が天井へ向かって伸び始めたというのだ。
「その瞬間、それが最悪に気持ちの悪い、怖ろしいものだってことに気付いたの」
と、女性はその時の恐怖体験を語る。
その謎の影の身長は2.5メートルくらい。
白い顔で、カミソリのような牙が生えていたという。

また、別の家での目撃者の話。
その目撃者が目を覚ますと、目の前に男が浮いていた。
その男と目撃者は目が合った。
獰猛な赤い目だったと、目撃者は強いショックを受け、恐怖に打ち拉がれた。
その男は真っ黒な服を着て、黒い帽子を被り、体は天井まで浮かび、そこで消えてしまったというのだ。


一体今、カノックチェースで何が起こっているのか?
超常現象研究家のリー・ブリックレイ氏が調査に乗り出している。


以前ご紹介したBlack Eyed Kidsを覚えているだろうか?
Black Eyed Kidsとは、アメリカの都市伝説のひとつ。
一見普通の人間の子どものように見えるが、白目がなく目玉も真っ黒。
いきなり他人の家の中に入れてくれと玄関の戸を叩いたり、
車で送ってほしいとせがむ。
そしてその誘いを断ると、ブチ切れるという。



その正体は、ただのイタズラ説、エイリアン説、
妖怪や幽霊などの説が挙げられているが、未だわかっていないという。

そんなBlack Eyed Kidsがイギリスでも目撃されているという。
スタッフォードシャー州にある美しい観光名所、
カノックチェースにて目撃されたという。
この話を受け、カノックチェース出身の超常現象ジャーナリストの
リー・ブリックレイ氏が徹底的な調査を始めた。



彼は「この黒い目の子どもは30年前から
この場所で繰り返し目撃されています」と言う。


【ブリックレイ氏が聞いた目撃証言】

海外のホームビデオの映像。
公園のブランコに乗り無邪気にはしゃぐ幼い兄妹。
我が子を撮影したという微笑ましい映像の中に、
不穏な存在が映し出されていたというのだが…


それではご覧頂こう。



[http://youtu.be/1vigJQq5OSU]


おわかり頂けただろうか?
無邪気にはしゃぐ兄妹をもの影からじっと見つめる者の姿が。

先日お伝えしたシャドーマンを覚えているだろうか?
http://skygalaxy2013.blog.fc2.com/blog-entry-1108.html



海外のサッカー試合会場を高速で走り去る謎の黒い人影が話題になっていた。

今回またもや謎の黒い人影の姿が捉えられた映像がある。

YouTubeに投稿された海外のとある場所の監視カメラの映像。
廊下を歩いている男が突然、
黒い人影に襲われている様子が映し出されていたというのだが。




それではご覧頂こう。

ドライブ中に偶然見つけた原っぱにポツリと佇む廃屋。
少年達は廃屋の中を探索しようと足を踏み入れたのだが、
そこで彼らは不可思議なものと遭遇してしまったのだという。

人が住まなくなりかなりの月日が経つであろう
荒れ放題の廃屋の中で彼らが見たものとは!?



それではご覧頂こう。

以前このブログで紹介した「スレンダーマン」を覚えているだろうか?
http://skygalaxy2013.blog.fc2.com/blog-entry-721.html

海外のくねくね的存在「スレンダーマン」
そのスレンダーマンの姿を捉えた映像がある。

この映像は2012年に撮影されたものだそうだが、
若者数人で森に入り、カメラを回していたところ、
スレンダーマンらしき謎のスーツ姿の人物が映り込んでいたという。


それではご覧頂こう。


[ソース: http://youtu.be/04rlDqs97MM]

森の木々の間にスーツを着た謎の人物の姿がはっきりと撮し出されている。



スーツを着た細身のサラリーマンというスレンダーマンの特徴と一致している。
映像を観る限り彼らはスレンダーマン探しに森に入り
カメラを回しているように見えるが、
もしこの映像がフェイクでないとするなら、
彼らの安否が心配だ。
何故ならスレンダーマンを見た者は発狂して死ぬと言われているからだ。


このGWに森林浴に出かける人もいることだろう。
その際は十分気をつけて頂きたい。
スレンダーマンは日本にも現れる可能性もある。

[ソース: http://hb5.publog.jp/archives/37768304.html]


今、東京の20代~30代の間で噂されている新たな都市伝説がある。
皆さんは「クロカミサマ」なるものをご存知だろうか?

クロカミサマとは、全身黒い髪の毛に覆われた神様で、
理不尽なことをされた人々の代わりに、
相手を不幸のどん底に突き落としてくれる神様だという。
また時には苦しみをとってくれる神様としても噂されている。

このクロカミサマに願い事をする際に儀式を行うのだが、
いじめやパワハラなど理不尽な行為をされた時にすることができるらしい。
儀式をするとクロカミサマが、思いや願いを聞き入れ、
相手を不幸にしたり、代わりに恨みを晴らしてくれると言われている。
儀式に必要なものは自分の髪の毛。

これからご紹介するのは、禁断の儀式だ。
行う際は自己責任でお願いしたい。

【方法】
①自分の髪の毛を一本用意する。

②髪の毛に向かって、相手の名前と、相手に対する憎しみやされたこと、
自分の思いを心の底からつぶやく、もしくは唱える。

③ビルや、どこか高いところから、その髪の毛を飛ばす。
その際「クロカミサマ、どうか私の無念をお晴らしください」
と、心の底から言って飛ばす。

④その後、今まで通り何もなかったかのように過ごす。

⑤儀式終了。

これであなたの恨みつらみはクロカミサマが聞き届けてくれる。
あとは相手が不幸になるのを待つだけだ。
ただし、一つだけ注意がある。
それは、儀式をしたことは誰にも話してはならない。
クロカミサマの話はしてもいいが、儀式を行なったことは
決して他言してはならないという。

クロカミサマは、夜2時以降になると祈願者の願いを叶える為、
動き出すと言われている。
クロカミサマの活動時間中にクロカミサマに出会うと、
その者が良い人間なら、クロカミサマはその人間に幸福を与え、
悩みを取り去ってくれる。
しかし、その人間が悪い人間の場合は、
この世の不幸や災い、災厄をもたらすという。

そんなクロカミサマ、どのような姿をしているかといえば、
とにかく全身が髪で覆われているらしい。
その髪の毛は、明らかにその主からは生えておらず、
まるで誰かの髪の毛を貼り付けているかのようだという。

気になるクロカミサマの正体なのだが、
人間の怨念のようなものと噂する者もいれば、
かつて理不尽な行為を受け、それゆえに自殺してしまった者達の
魂、怨念の集合体という者もいる。
また、かつてはそれこそ神様であったが、
神の力を失い、妖怪化してしまったものという者もいる。

様々な説があるが、現在のところクロカミサマが何者なのかは不明だ。


さて、そんなクロカミサマの儀式の対価なのだが、
丑の刻参りなどの一般の呪術と違い、
祈願者が対価を払う必要はないらしい。
だが、遊び半分な気持ちや、いたずら心で祈願した者は、
相応以上の対価を支払うことになるとのことなので注意が必要だ。

ちなみにクロカミサマの発祥は、関東地方・東北地方とされているようだが、
具体的な県名は判明されていない。
ただ、クロカミサマの目撃証言(噂)は、関東のほうが多いらしい。



信じるか信じないかはあなた次第。

[ソース: http://tocana.jp/i/2014/01/post_3533_entry.html]


東急東横線と東京メトロ新副都心が相互直通運転して
便利になったとされる渋谷駅。
その一方で駅が地下化されわかりづらいという話もある。
その駅の様はまるでRPGのダンジョンのようだと。

yardmap.gif

そんな渋谷にまつわる何やら不穏な噂が近頃ささやかれているらしい。

それは

「渋谷はこれから呪われる」

と、いうものだ。

再開発により、それまで保たれてきた秩序が崩れたと一部の人は言っている。

そもそも渋谷という土地自体、風水的にあまりよろしくないところだという。
渋谷によく行く人ならお気づきだろう。
スクランブル交差点を中心に、どこに行こうにも上り坂であること。
つまりあそこはかつて谷の底だったわけだ。
そのような場所はやはり悪い気が溜まりやすいのだ。
そんな場所柄にも関わらず、渋谷は東京でもトップクラスの大規模な都市計画がなされた街。
その土地の地形に沿うのではなく、人間の手で強引に形を変えていった街づくりが行われてきたという。

そんな土地だからこそ、何かしらの呪い祟りがあっても不思議ではない。

今年5月12日に渋谷で地下火災があったのはご存知だろうか?
幸いケガ人は出なかったが、煙は相当なものだったらしい。

その火災、一部では3月31日に閉館した東急百貨店東横店東館の屋上にあった
東横稲荷神社のお稲荷様の祟りでは?と言われているらしい。

ea5bfb49.jpeg

その神社は現在は移転されているものの、
これまで渋谷を守ってきたお稲荷様が今回の大規模開発をよく思っていないと考えても何ら不思議ではない。
これまで保たれてきたものに歪みが生じてたとでもいうのだろうか?

今後も良くないことが起きるのでは?と危惧する人もいるらしい。

プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。