HOME   »  エンタメ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユーキャンが「新語・流行語大賞」の候補を19日発表したそうだ。
これが発表されると今年も終わるなとしみじみしてしまう人もいるだろう。

「新語・流行語大賞」とは、その年1年間に発生した「ことば」の中から、
世相を軽妙に映し、多くの人々の話題に上った新語・流行語を選び、
その「ことば」に関わった人物、団体を顕彰するとされている賞だ。
1984年から始まり、毎年恒例年末の風物詩である「新語・流行語大賞」

それでは今年のノミネートを見てみよう。



「STAP細胞はあります 」
「ありのままで 」
「壁ドン」
「危険ドラッグ」
一度は聞いたことがあるものから、
何これ本当に流行ったのかよと思うものまで数多くノミネート、その数50語!

「輝く女性」とかいつ流行った?
「絶景」とか別に流行語でも新語でもないじゃんw
「こじらせ女子」って何だよwww

誰がどういう基準で候補に入れているか知らないが、
この中から12月1日に大賞が決まるわけだ。
ネット上では

『ダメよ~ダメダメ』

が有力候補との声が多数。
この言葉は、日本エレキテル連合のネタだ。



ただ、芸人が流行語大賞を受賞すると翌年から人気が落ち、
一発屋になるというジンクスがあるらしい。

パイレーツ…テツandトモ…波田陽区…レイザーラモンHG…エド・はるみ…
お前ら一体どこ行った(´・ω・`)

果たして今年はどの言葉が選ばれるのか!?


ていうか去年の「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」
あれからもう1年経った事実に震えている…



[ソース: http://gossip1.net/archives/1013935325.html]


スポンサーサイト

ここ数年音楽とかほとんど聴かなくなったなと。

聴く時間がないんじゃなくて聴きたい曲がないというか…

昔はお気に入りのアーティストのCDを買ったり、

シングルとかなら週3ペースでTSUTAYA行ってレンタルしてきてダビングして

マイベスト的なものを作ったなと。

当時爆発的な人気を誇ったMDという画期的なデジタルオーディオ記録用の光学ディスク媒体にねw


derniere survie


で、最近じゃこいつら誰?こんなのがいい曲なの?っいうのが多くて聴かなくなったわけだ。

って、なんかおっさん発言ww


で、ネット徘徊してたら俺が音楽に夢中になってた頃の1995年当時のシングルトップ10と

昨年2010年のシングルトップ10の比較なるものを見つけたんだけど

まずは95年当時のランキングからごらん頂こう。



1位 DREAMS COME TRUE:『LOVE LOVE LOVE/嵐が来る』

2位 H Jungle With t:『WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント』

3位 福山雅治:『HELLO』

4位 Mr.Children:『Tomorrow never knows』

5位 Mr.Children:『シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~』

6位 MY LITTLE LOVER:『Hello, Again ~昔からある場所~』

7位 桑田佳祐&Mr.Children:『奇跡の地球』

8位 岡本真夜:『TOMORROW』

9位 スピッツ:『ロビンソン』

10位 B'z:『LOVE PHANTOM』


その他

17位 大黒摩季:『ら・ら・ら』

19位 シャ乱Q:『ズルい女』

34位 布袋寅泰:『POISON』


今も活躍してる、そうそうたる顔ぶれ。

特にミスチルの活躍がすごかった時代だ。

ちなみに知らないちびっこ達のために教えよう、

2位のH Jungle With tはダウンタウンの浜田と小室哲哉のコラボユニットで、

19位のシャ乱Qはモー娘。とかをプロデュースしたつんくがいたバンドだ。

え?モー娘。知らないって?(´・ω・`)

まあ、気になるそこの君、YouTubeあたりで検索して聴いてくれ。


さて、問題は昨年2010年のランキングなのだが、驚くべき結果になってたのだが…


ごらん頂こう。


1位 AKB48:「Beginner」

2位 AKB48:「ヘビーローテーション」

3位 嵐:「Troublemaker」

4位 嵐:「Monster」

5位 AKB48:「ポニーテールとシュシュ」

6位 嵐:「果てない空」

7位 嵐:「Love Rainbow」

8位 AKB48:「チャンスの順番」

9位 嵐:「Dear Snow」

10位 嵐:「To be free」


おわかり頂けただろうか?

見事にAKBと嵐ばっかww

おそらくこのランキングは年間売り上げを元に集計されたものなのだろうが、

完全にこの2組の争いじゃないか(´・ω・`)


CDが売れないと嘆かれている現代、この先かつての90年代のような

バラエティーに富んだアーティスト達による名曲が生まれるのだろうか…?

案外ランク外のほうが隠れた名曲が多そうな気がする。


あ、いや、別にAKBとか嵐を批判してるわけじゃないよw(・∀・;)


[出典:もみあげチャ~シュ~ 1995年のシングルTOP10がやばい ]

derniere survie

黄金の豚-会計検査庁 特別調査課-

会計検査院をモデルにした架空の機関である「会計検査庁」を舞台とした1話完結のドラマ。
詐欺罪により懲役2年の実刑判決を受け仮釈放中の堤 芯子(篠原涼子)が
なかなか職が見つからずにいたところを会計検査庁検査官 久留米 勲(宇津井健)にスカウトされ、
特別採用枠で入庁することになった。
詐欺師としての経験を生かし、些細な事柄から「欲の臭い」を嗅ぎ付け、
我々が汗水流し働き納めた税金の無駄遣い、役人、公務員の不正を暴いていく社会派ドラマだ。

テレビっ子の俺はドラマは毎回チェックしているのだが、
今期のドラマはいまいちパッとしないなぁなんて思ってたんだが、これはなかなか面白い。
篠原の役もはまり役だ。
共演者の角松 一郎役の大泉洋も今回もなかなかいい味だしている。
篠原とは何度か競演しているらしく、この2人の掛け合いも面白い。
他にも日テレの連続ドラマ初出演となる岡田将生、TBSドラマ「ROOKIES」で熱演した桐谷健太、
テレ朝「トリック」でおなじみ生瀬勝久など個性的なメンツが盛り上げている。
生瀬さん、残念ながら今回の共演者は仲間由紀恵じゃなかったねw


見所はラストの立ち回り的シーンw
大勢いる人の前で悪(不正をした役人)の不正を暴き、
印籠(デコ電卓)を突きつけるシーンは毎回ワクワクしちゃうw

derniere survie


そして最後の決め台詞は

derniere survie

カ ネ 返 せ


2010年度の国家予算、92兆円。
少ない給料から泣く泣く納めている税金が役人の欲の為に使われるなんて絶対に許されない!
こういうドラマは今の時代もっとバンバンやるべきだと思う。


黄金の豚-会計検査庁 特別調査課-は毎週水曜日夜10時
http://www.ntv.co.jp/buta/

世界のスーパースターのマイケル・ジャクソンさんが
現地時間の25日正午すぎ、自宅で倒れてるのを発見され、
懸命な蘇生処置を施されたが、その後惜しくも心不全で亡くなったそうです。

マイケル・ジャクソンといえば、知らない人はいないほどの
20世紀最高のエンタテイナー。
『スリラー』を初めとする数々のヒット曲を持つ大物中の大物で
その死は全米のみならず全世界が悲しみに暮れた。

搬送先の病院には多くのファンも押し寄せ、彼の死を悼んでいるという。

マイケル・ジャクソン

マイケルの死に各著名人が悲しみのコメントを寄せている。

「マイケルは人生そのものだった」 
ものまね芸人 まいける井上さん

「世界は偉大な人物の一人を失ったが、彼の音楽は永遠に生き続ける。
悲しいニュースに涙が止まらない」
歌手 マドンナさん

「彼ほどのスーパースターはもう出現しない」
デーブ・スペクター氏

「70歳のマイケル見たかった」
マイケル富岡さん



そんな「キング・オブ・ポップ」マイケル・ジャクソンの
多くの名曲の中で、こちらの曲をどうぞ。
『スリラー』は有名すぎるのであえてこの曲で。

Beat It(1983年)/MichaelJackson


YouTube動画


ご冥福をお祈り申し上げます。
May you rest in peace.



にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
BEATなクリックよろ
あのぽっぽーの「六本木~GIROPPON~」でおなじみの
鼠先輩が年内いっぱいで芸能界を引退することを表明したそうです。

鼠先輩いわく
「芸能界という世界は厳しく、ボクが思っている以上の世界だと痛感しました。
あと、そんなにお金にならなかったのが実情です」

「よく一発屋といわれますが、個人的にもそう思います。
鼠先輩というふざけた名前でやってきたし、鼠は巣にかえるのが一番いいのかな」

と語り

derniere survie

関係者各位に深々と頭を下げたとかさげないとか。

これで輝かしい一発屋の殿堂入りを果たしたわけですね。
おめでとうございます!
そしてさようなら(´・ω;`)ノシ

ちなみに鼠先輩には2歳の娘さんがいらっしゃるそうで、
娘さんの為に明日から一生懸命ハローワークに通うそうですよ。
ハロワ(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ

2009.6.4 MSN産経ニュース





そういえば、先日ピグのカリブ行ったら

derniere survie-未設定

鼠先輩いらっしゃいました!

…と思ってよく見てみると鼠後輩だww




にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
しばらくは印税生活クリック!

昨年2008年にオリコンが10代~40代の男女を対象に「2008年に発売された漫画の中で面白かった作品は?」というアンケートを取ったそうです。


その結果、1997年より『週刊少年ジャンプ』にて連載中で、今年単行本の発売巻数が50を数えた『ONE PIECE』が1位に選ばれたみたいです。



08年に読んだ漫画でおもしろかった作品ランキング


王冠101位 『ONE PIECE』 

支持率45.9%


02位 『のだめカンタービレ』 

支持率38.8%


03位 『NANA』 

支持率32.5%


04位 『NARUTO』

支持率23.6%


05位 『HUNTER×HUNTER』

支持率23.1%


06位 『BLEACH』

支持率18.8%


07位 『黒執事』 

支持率17.0%


08位 『ブラッディ・マンデイ』

支持率16.5%


09位 『君に届け』 

支持率15.5%


10位 『聖☆おにいさん』

支持率11.2%


すげぇなONE PIECE!

1997年からってもう12年もやってんだね。


このランキングの中でいくつか実写ドラマ化されているのもありますが、ONE PIECEとか実写になった場合どうなるのか気になります。


あ、実写は無理か、コレがいるからw

derniere survie


[ソース:http://life.oricon.co.jp/61508/full/ ]

プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。