HOME   »  2013年05月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早いものでFC2にブログ引越ししてきてから1ヶ月以上経った。
前回4月度のワードランキングは以前のアメブロからだったが、
今回は引越し後初めてのFC2ランキングだ。

5月度アクセス 検索ワードランキング
5月1日~31日
検索エンジン Google,Yahoo!JAPAN,@nifty,BIGLOBE
5月総アクセス数 1,300 (管理人アクセスノーカウント)
総訪問者 691



第1位 くねくね
(http://skygalaxy2013.blog.fc2.com/blog-entry-313.html)
「知らないほうがいい話」というタイトルで09年6月に書いたものだが、
最近になってまた検索されることが多くなった

第2位 ショッカー募集
(http://skygalaxy2013.blog.fc2.com/blog-entry-765.html)
今頃になって謎の戦闘員募集かけてきた悪の秘密結社ショッカー
26日の採用試験を受けにいった人はいるのか?

第3位 都市伝説 幸せになる画像
(http://skygalaxy2013.blog.fc2.com/blog-entry-673.html)
人気上昇中テレビ出まくりのマツコ・デラックスのすっぴん画像に関する都市伝説
ちなみに俺は試してない

第4位 ヒトガタ
(http://skygalaxy2013.blog.fc2.com/blog-entry-6.html)
依然人気のヒトガタ、今月も堂々ランクイン
ここ数日UMA関連の記事を検索されることが多くなったのはなぜ?

第5位 禁断の地人形村
(http://skygalaxy2013.blog.fc2.com/blog-entry-736.html)
うちのブログ人気No,1記事の人形島
この人気ブレないよなww


今回5位以内にランクインはされていないが、面白い検索結果では
「それは私のおいなりさんだ」
「きょうのうんこ」
「マツコ・デラックス 正体」
なんかもあり、笑わせてもらったww
マツコの正体って…

20130522.jpg


あと、絶対検索されているうんこ。
とある企業のPCから深夜にうんこ検索されていた日もあったww


ちなみに47都道府県、アクセスが一番多かったのは東京都だが、
次に多かったのは群馬県という結果だった。
グンマーに人気なのかうちのブログw

86lJm.jpg

どうもありがとう、グンマーの皆様。

ということで、来月もひとつよろしくお願いします。

スポンサーサイト
2013
05.30

20110929_tanabe_011.jpg
田辺 誠一
1969年4月3日東京都出身の俳優
1987年第2回『メンズノンノ』専属モデルに選ばれモデルデビュー
以後1994年までモデルとして活動
1992年に職業を俳優とする決意を固め、同年、俳優デビュー



様々なドラマや映画に出演している田辺誠一 画伯。
自身のTwitterでは、秀逸イラストを公開しており、
それがなんともじわじわくると話題になっているらしい。


ごらん頂こう。


ふなっしー
770053677.jpg

スギちゃん
sugi.jpg

マツコ・デラックス
matsuko.jpg

有吉とマツコ
matsuko2.jpg


画伯は16歳の時にされていたアート活動が、
通産省・日経のデジタル部門で賞を受けたことがあるという。
すぐにでもキャラクター化して商品販売できるほどのレベルの高さだ。


しかしながら中居正広画伯にはまだ追いつかない。

nakaigahaku.jpg


田辺画伯の今後に期待したい。

ネッシーといえば、イギリス・スコットランドのネス湖で目撃されているUMA(未確認動物)
世界中で同様の謎の巨大水棲生物の目撃があり、
一説には首長竜の生き残りではないかと言われているものだ。

nessie_34038_big.jpg


これからごらん頂く動画は、アイルランドの大学生たちが映画の自主制作をしているときに、
湖に不思議な影が現れ、撮影したものだという。



それではごらん頂こう。



[YouTube動画]


おわかり頂けただろうか?

巨大な物体が水面を移動し、
撮影者と向こうにあるボートの間を通り抜けているのが確認できる。
さらに不思議な物体は、そのまま水中に消えていっているのだ。

dada9d14_1.jpg


こぶまたは頭部のようにも見えなくもない。
果たしてこの動画に映っているものはネッシーなのだろうか?

[ソース:http://blog.esuteru.com/archives/7096897.html]

ついさっきまで手元にあったのに、
いつの間にかどこへ行ってしまったのかわからなくなるものってあると思う。
一説では妖怪の仕業なんて言われてるが、
今すぐにでも必要なのにと困ることもしばしば。

そんなときに助けてくれる「おやかさんさま」なるものをご存知だろうか?

おやかんさま、名前のとおりお湯を沸かすやかんの神様だ。
このおやかんさまに頼めば、無くしたものがすぐに見つかるという。

yakan.jpg

おやかんさまにお願いをする方法とは?

まず水を入れたやかんをコンロにかけ、湯を沸かす。
そしてふたがカタカタと音をたてて注ぎ口から蒸気が立ち上り始めたら、
手を合わせて、こう唱えるのだ。

『もしやもしや、もしやの山にこしかけて、もつれた糸をほどかんとす。
おやかんさまおやかんさま、お願いします。
どうか、○○を見つけてください。
あれはとっても大切なものなんです。
あれがないと困ります。
どこへ行ったのか教えてください』


と必死にお願いするだけというとてもシンプルなものだ。

古くは大正末期、上州赤城は栄冠寺の住職が、
檀家さんから預かった大事な茶壺を無くしてしまい、
寺中探しまくったが見つからなかった。
そのとき一人の小坊主が、住職におやかんさまに頼んでみましょうと提案。
半信半疑ながらも住職は必死にお願いしたところ、
しばらく使っていなかった床の間の薬箱の中から見つかったのだという。

これを実践した人々は口々におやかんさまのおかげで
無くし物が見つかったと喜んでいるというのだが。
果たして本当にこれだけでなかなか見つからないものが、
簡単に見つかるというのだろうか?

物には魂が宿っているとかよくいうが、
信じるか信じないかは実践した者のみぞ知る。

[ソース:http://happism.cyzowoman.com/2013/04/post_2178.html]

先月はじめ、YouTubeにアップされたUFO映像が話題となっているらしい。
撮影されたのは去年の12月、アイルランド南部の大都市コーク。
撮影者は携帯電話のカメラで撮影。
映像には白昼、上空に堂々と現れた複数の火の玉のような物体が急に空中に現れ、
右から左へ、ゆっくりと空を移動して消えるまでの様子がはっきりと収められている。


それではごらん頂こう。


[YouTube動画]


おわかり頂けただろうか?
確かに複数の火の玉のような飛行物体がゆっくりと動いていく様が
はっきりと撮らえられている。

sc.jpg

この映像を観た専門家チームのうち2人は「何かよくわからない」と語り、
1人はランターンを打ち上げて、カメラの絞りを開放することで物体を最大限に明るくして撮影している
可能性もあると言い、いたずらだと考えているとのことだ。

現在は残念ながらこの太陽系では地球以外生命体がいないとされてるけど、
第二次世界大戦が始まる前の1940年に、アメリカのSF雑誌の表紙絵・挿絵を描いていた
イラストレーターのフランク・R・パウル氏(1884年-1963年)が描いた
太陽系惑星別宇宙人想像図なるものがあるらしい。

それでは見てみよう。


水星人

dca11.jpg


金星人

k.jpg


火星人

ka.jpg


木星人

m.jpg


土星人

d.jpg


天王星人

t.jpg


海王星人

kai.jpg


冥王星人

me.jpg


イラストにはその惑星の宇宙人と、着陸した地球人の宇宙飛行士の姿が描かれている。

金星人はものすごく笑顔でウェルカム!って感じだ。
地球人も宇宙服脱いでることから、地球と環境が似ているとパウル氏は想像したのだろう。

火星人は武器を持った戦闘民族っぽいが、地球人と握手してる。
まあまあ友好的なのか?

それにくらべ冥王星人はもう攻撃してるし(´・ω・`)
それ以外にも何星人か胸倉掴みかかろうとしてるのもいるし(´・ω・`)

こう見てみるとそれぞれの惑星の特徴とか表されていて、
昔の人は想像力豊かだったんだね。


それに比べ現代人は、宇宙人といえば

fef2e059.jpg


グレイタイプだし。


実はこのグレイって、宇宙人というより…
おっと、こんな時間に誰か来たようだ…

[ソース:huffingtonpost]

昨年12月29日にスリランカに隕石が落下したのは記憶に新しい。

sri_lanka_meteorite.jpg

その隕石の中に地球ではありえない元素を持つ鞭毛が混入していたことがわかった。

sc201305222.jpg

sc20130522.jpg

調査当初から藻類のようなものが付着しているとし、
地球外生命体の痕跡かと話題になっていたものだ。

研究員チームはポロナルワ市周辺で発見された隕石の欠片628個を分析にかけた。
すると隕石片の内部から、「藻類の化石」を思わせる
丸みを帯びた形状のものが発見されたのだという。

大きさが半径0.1mmに満たない藻類の表面には糸状の物があり、
これが地球外生命体の「鞭毛」に当たるものと考えられるという。
鞭毛(べんもう)とは、原生動物が遊泳するための毛状の細胞小器官だ。

さらに学者は、鞭毛が隕石の内部から発見されたうえに、
窒素の含有量が地球上の生物のものとしては異常に低いため、
地上に落下してから混入したものではないことを確信しているという。

エイリアンといえば、毛のないツルツルなイメージだが、
もしこれが本当に地球上の生物のものではないとするなら、
毛むくじゃらの種類もいるということになるな。

[ソース:http://matome.naver.jp/odai/2136607420770879301]

香川県のある電車のラッピングが芸術的だが不気味すぎるて、軽くホラーなのだという。


ごらん頂こう。




BFkHjZcCcAAnS9F.jpg

BFyui8gCAAAWIFU.jpg

BFeM7vwCMAExBvb.jpg


みんな大好き人形系!
見れば泣く子も黙るまさにトラウマレベル!!


このラッピングをデザインしたのはアラーキーこと写真家の荒木経惟氏。
通称「アラーキー電車」は、妖艶な花々や赤ちゃんの人形などが車体全面を埋め、
JR四国の泉雅文社長も
「われわれ鉄道屋の常識を完全に超えた」
と脱帽しているという。

予讃線や土讃線の快速列車などに使われ、
3月20日から開催されている瀬戸内国際芸術祭の作品の一つなのだそうだ。

ツイッター上では「夜見ると泣く」などのガクブル声が多く聞かれているという。

[ソース:http://www.asahi.com/culture/update/0312/OSK201303120037.html]

香港に巨大なアレが現れたと話題になっているらしい。
それは一体どういうことなのか?



それではその問題のアレをごらん頂こう。
















Screenshot_2013-05-04-00-00-23.jpg

巨大なうんこ!!

Screenshot_2013-05-04-00-02-16.jpg

このうんこの大きさは約16メートル。
一体何者がしたものなのだろう…

と、思いきや、実はこれ、立派なアートなのだそうだ。
アメリカ在住の現代美術アーティストのポール・マッカーシー氏が、
野外アートプロジェクト「Mobile M+: Inflation!」のなかで制作したのだそうだ。

Screenshot_2013-05-04-00-01-04.jpg

どっからどうみてもダイナミックなうんこ!

IMG_20130509_011355.jpg

上空から見てもまさにうんこ!


あまりの大きさに、4月25日に発生したどしゃ降りにより、
表面に穴があき、ペチャンコになってしまったらしい。
現在運営側は修理に尽力しているようであり、近いうちに復活する見通しだという。
このアートプロジェクトは、6月9日まで開催される予定らしい。


それにしても、なぜポール氏はこのようなものを作ろうとしたのかは謎だ。
芸術家の考えることは凡人には理解しがたい…

286x238x486ececa804a7dc1850c9696.jpg

[ソース:http://rocketnews24.com/2013/05/03/323955/]

携帯・スマホが普及した今も家の固定電話を設置している家は少なくない。
家人が留守にする場合、留守電設定をして出かけることだろう。
そんな留守電にしたはずなのに、家人以外がその電話に出ていたとしたら…

自宅の~2


2ch掲示板のスレに奇妙な書き込みがある。
それはスレ主の家の電話には、家に誰も居ないとき限定で、
家の固定電話に電話をかけると「何か」が電話に出るというのだ。

それは無言でもなくノイズでもなく、ごく普通に
「はい○○です」
と、20代ぐらいの若い男の声なのだそうだ。
そしてその何かに用事を頼むとしっかりこなしてくれるのだという。

例:
・お風呂沸かしておいて
・○○の電源切り忘れたから切っておいて
・何時になったら洗濯物を取り込んでおいて
・炊飯器のスイッチ入れておいて

など、敷地内限定かつ宅配便の受け取りなど人に出会わないものをこなしてくれるという。

スレ主が生まれた頃から始まり、数十年経った現在も
この何かは家にいるのだという。
電話は2~3コールで出て、普通に
「はい○○です。…ああ、わかった。じゃあ気をつけて」
などの対応をするという。

当初「誰かの幽霊では?」となったらしいが、
該当するような若くして死んだ身内も全くいないのだという。

しかしある日を境に、その何かは稲荷さんではないかと思うようになったという。

スレ主の祖母が生きてた頃に
「いつもありがとうね、お土産買っていくけど何がいい?」
と電話越しに聞いたところ
「油揚げがいいな」
と言ったことがあるらしく、それ以降スレ主の家では
稲荷さんということで解釈したのだという。
スレ主の家の近所には稲荷神社が実際に存在し、
多少思い当たることもあったのだという。

20081214_03.jpg

スレ主が生まれて間もない頃、高熱に冒され寝込むことがあった。
母親は寝ずに看病していたそうだが、
疲れたのかほんの少しうとうとした1~2分の隙に
スレ主はその場から姿を消してしまったのだという。
半狂乱で探すうち、家の裏手に回った母親がかすかに子供の声を聞きつけて山へ行くと、
稲荷さんの祠の前にスレ主は寝ており、熱も下がっていたという不思議体験をしている。
その後、謎の現象は現在まで続いているのだ。

非常に不思議な現象なのだが、もしこれが本当に稲荷さんの仕業なら、
ものすごくラッキーなことなのではないだろうか?


あなたの家の電話には誰が出ますか?

[ソース:http://enigma-ch.blogspot.jp/2009/03/blog-post_12.html]

プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。