HOME   »  2013年08月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年5月、オーストラリアの高速道路にて、不可解な映像が撮らえられた。
車のドライブレコーダーの映像なのだが、
ドライブレコーダーを搭載した車の前方を走る
トラックをすり抜ける人がはっきりと映されていた。

この映像は瞬く間にネット上を駆け巡り、
白昼堂々と霊の姿が映されたと話題になっているという。


それではご覧頂こう。



[YouTube動画]

おわかり頂けただろうか?
前方を走るトラックがまるで何かを避けようとして急ハンドルを切っている。
クネクネと蛇行運転の状態だ。
とその時、突然現れた白い服を着た人物が、
トラックをすり抜ける姿がはっきりと映っている。

果たしてこの人物はどうやってトラックをすり抜けたのだろうか?
人なのか、それとも…


スポンサーサイト
ドラゴン
トカゲに似た、或いはヘビに似た強く恐ろしい伝説の生物。
鋭い爪と牙を持ち、多くは翼をそなえ空を飛ぶことができ、
しばしば口や鼻から炎や毒の息を吐くという。
大抵は巨大であるとされる。

Dragon.jpg
フリー百科事典 Wikipediaより


スペイン、アルメリア、ビジャリコス近くの海岸で先日、
全長約4mほどの謎の巨大生物の死骸が打ち上げられたとして話題を呼んでいる。
胴体は長く、頭部に角のようなものがある。
その姿はまるで伝説の生物ドラゴンのようだというのだが。


それではご覧頂こう。
















10c9d5bd.jpg

頭部にドラゴンのような角があるのが確認できる。

e770c6a5.jpg

この写真を見た一部の専門家は、オナガザメの一種ではないのかといい、
別の専門家はリュウグウノツカイではないかと推測しているそうだが果たして…

[ソース:http://karapaia.livedoor.biz/lite/archives/52137724.html]


地図をよりわかりやすく実際の現場写真で見せてくれるGoogleストリートビュー。
従来の地図ではわかりにくいその場所の
雰囲気がわかる便利なサービスなのだが、
その写真には時折写ってはならないものも写り込んでしまうこともあるようだ。

今回のそれは、たまたまユーザーが目的地付近を見ていたところ
偶然発見してしまったようなのだが。


それではご覧頂こう。

















IMG_20130829_012601.jpg

おわかり頂けただろうか?
正面に写っている民家の大きな窓の右側上に注目して頂きたい。

IMG_20130829_012638.jpg

明らかに人の大きさとは異なる巨大な顔が写し出されている。
こちら側を睨み付けているような感じがする、なんとも不気味な顔。

問題の場所は、東京都練馬区高松1丁目17-6-38付近だという。
この場所に浮遊する霊の顔なのか、
それとも、この家に住み憑いた霊なのか。
一体、この顔は何なのだろうか?


朝晩涼しくなり始めたが、日中はまだまだ暑い日々。
こんな暑い日に飲みたいのはやはりすっきり爽やかな炭酸飲料。

が、そんな爽やかさなどもはや皆無と言わざるを得ないほど
恐ろしく糞マズい炭酸飲料が世の中には存在するという。

一体どんな思惑で開発、そして販売したのか、
開発者の味覚を疑いたくなるほどの糞マズい炭酸飲料ベスト8だ。


第1位 生茶ザ・スパークリング

cc7e89fc.jpg

緑茶に炭酸をプラスした時点でアウトなのだが、
さらになぜゆず風味までプラスしたのか
全く持ってわからない。
ネット上でも「どうしてこうなった?」と話題。


第2位 ペプシモンブラン

l_10881-1.jpg

毎年のように変わり種コーラを出してはネット上を震撼させるペプシが、
2010年秋に販売した伝説の商品。
なんと言っても強烈な匂いと、あの舌に絡みつく甘ったるさで
後味ももはやトラウマレベル。
変わり種好きな俺でも2~3口飲んで捨てた。


第3位 エスプレッソーダ

l_11446-1.jpg

変わり種好きな俺でもこれには手を出せなかった一品。
コーヒーに炭酸って絶対頭おかしい。
飲んでしまった人の感想だと、タバコの吸い殻が入ったソーダを誤って飲んでしまった感じという、
なんとも意味不明な感想。


第4位 ヘルシアスパークリングクリアグレープ

h_sparkling_limited_0727_2.jpg

脂肪消費を促す効果があるとされる特定保健用食品、通称トクホのヘルシアが出した
ヘルシアスパークリングシリーズのグレープ味。
うっすい白ワインみたいな味がして糞マズいと話題。


第5位 ルートビア

041095l.jpg

歴史は古く、ビールと名が付くのにアルコールが入ってない炭酸飲料として愛され続けている。
今流行りのノンアルコールビールの元祖かと思いきや、
なんと味は飲むサロンパス!
恐ろしい((((;゚Д゚))))


第6位 スパイラルグレープ

41PrXU8cwtL.jpeg

ぶどう味の歯磨き粉を水に溶かし炭酸にしたようなケミカルな味だと
ネット上をガクブルさせている一品。


第7位 シュウェップスブリティッシュレモントニック

9a5b361532bf84f7d3203b8d0171d407.jpg

最高にクレイジーな味だと話題になっている。
人口甘味料の後味のマズさとレモン味の強さが見事に地獄を生み出してるらしい。
なんと英国王室御用達にも認定されているという。


第8位 ドクターペッパー

DrPepper.jpg

マズい炭酸飲料の代表格ドクターペッパー。
しかしこれは好きな人は好きという、
好き嫌いがはっきりしている商品。
俺は誰がなんと言っても好き。
もしかしたらあのマズさが中毒になっているのかもww
飲んだことのない人に味を説明するのが非常に難しい飲み物だ。


世に数ある炭酸飲料だが、これは失敗だろというものもまだまだ存在する可能性がある。
俺が思うになんとかスパークリングと名が付くものは大体マズい。
何でもかんでもスパークリングにすればいいってもんじゃあないよって話だ。
つい最近、とあるミネラルウォーターのスパークリング飲んだんだが、
飲んでしばらくして俺の腹の中がスパークリングしたよ(´・ω・`)

[ソース:http://matome.naver.jp/m/odai/2137715329746859501]


中国・広東省東莞市内にある高級住宅街に住む劉さんの家で、
信じがたい事件が起きた。

今月初旬、帰宅すると黒い煙と焦げたような匂いが充満し、
天井からは水がしたたり落ちていたという。

「火事だ!」

劉さんは急いで室内を見回したが、
火事の形跡は見つからず、バスルームを開けてみると、
なんとそこには驚くべきものがあったという。


それではご覧頂こう。














c30c0469.jpg

おわかり頂けただろうか?
劉さんの目に飛び込んできたのは、黒焦げになった無残な便器。
上半分は吹っ飛び、周りには便器の破片など残骸が飛び散っている。

fb21a5e8.jpg

この便器はウォシュレットで、幸い爆発の衝撃で水道管の一部が壊れ、
そこから水が流れ出たおかげで火は消し止められたという。

爆発した便器は国内ブランドの高級品で、
使用してから約1年半が経っていたとのことだ。

今回は広東省東莞市で起きた便器爆発事故だったが、
他にも安徽省合肥市、同省阜陽市、浙江省寧波市などでも
同様の爆発事故が起きた記録があると伝えられており、
比較的裕福な中流家庭をもガクブルさせているという。

最近中国では便器に限らず、スマホや
テレビなどが爆発する事故も起きており、 メディアは

・長期に渡り使用しない場合には電源を抜く
・過熱していたらしばらく使わない
・陽光にさらしたり暑くなる場所に置かない
・定期的に検査してもらう

などの対策方法を呼びかけている。


今回の便器爆発は留守中の出来事だったが、
もしもこれがうんこ中だったら…

saved_quote_image_33087.jpg

考えただけで肛門様がキュッとなる((((;゚Д゚))))

[ソース:http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/lite/archives/54590016.html]


中学の時の話。
家の都合で地方に引っ越しをした。
そこは静かで自然あふれた田舎町。

通ってた中学の通学路に指定されていた道は、
見通しのいい田んぼの真ん中を走る一本道。

IMG_20130822_022948.jpg

そこから少し行くと割と大きな国道が走っていたのだが、
歩道がなく、車道スレスレに通らなければならなく危険だという理由で、
通行禁止にされていた。
家から学校までは国道のほうが近く、大体の生徒がそうなのだが、
学校指示なので皆文句を言いながらもその田んぼ道を通っていた。

その道はきれいに舗装されていて脇に民家もなく車も通れなくなっている為、事故など起こらなかった。
割と安全な道だった。

しかしある時から、そこを走る自転車の不可解な故障が相次いだ。
パンクはもちろん、チェーンが外れるや、ひどい場合チェーンが切れるといった故障だ。
故障にあった人達の話では、普通に順調に走行していると
急にペダルが重くなったり、自転車後ろの荷台に何かが乗り込んできたような感じがしたり、
何者かに引っ張られたような感じがしたなど不可解な証言が挙げられていた。


ある日、部活が終わるのが遅くなった俺は部活仲間数人とその道を帰っていた。
夜9時は過ぎていた為、あたりは真っ暗。
俺は集団の一番後ろを走っていた。
その道に入り中程あたりに差しかかった時だ。

!?

急にペダルが重くなった。
そして

何か後ろに乗ってる…

明らかに二人乗りした時のような感覚があった。

…来た!

前を走る仲間達に声をかけようとするも声が出せない。
止まろうとするもブレーキが全然効かない。
左肩あたりに息遣いのようなものも感じる。

俺は恐怖に震えながらもそのまま走り続けた。

もうすぐその道を抜けようとした時だ。
急に軽くなり、勢いで転倒。
ああ、みんなこの時に自転車の故障が起きたんだなとその時思った。

石につまづき倒れたと笑ってごまかしてみたが、
本当のことは仲間達には言えなかった。

が、その中のひとりはどうやら前に同じ経験があったみたいで、
目で合図を送っていた。


その後家に帰り着き自転車が故障していないか見てみたのだが、
幸いカゴが少し変形していたものの、特に故障はみられなかった。

ただ、自転車後方だけが濡れていた。
まるで雨にでも降られたようにびっしょりと。
その日は一日中快晴で帰るときも雨など降っていなかった。

その後も自転車の故障を訴える人が相次いだ。
警察や地域の人間が調べたところ、後ろに何者かに乗り込まれたあたりの道の下に、
古びた小さな祠のようなものが崩れていたらしい。


広大な敷地を誇る、お隣の国中国ではここ数年、
我々が見たこともない謎生物が次々に発見されているという。


大型の鳥のような謎の頭

tumblr_m4xc43hf4v1qzo3c9o1_400.jpg

甘井子区大連湾近くの海辺に漂着した3mを超す大きな頭。
地元漁師は
「魚の頭で、外観からすると鯨の一種ではないか」
と語っているというが、果たして正体は…!?


翼の生えた猫

imgf49ad2e2zikczj.jpeg

翼のようなものがついた猫で、中国では「天使猫」とも呼ばれているが、
基本的に鳥のように空を飛ぶことはできない。
世界で130例以上の報告があるといわれている。


猿の顔を持つ豚

sarubuta.jpeg

西平にある村で5匹生まれた子ブタのうちの1匹として誕生した。
サルの顔をしたブタは中国だけではなくインドネシアでも誕生しているらしい。


野人

1436428.jpg

湖北省神農架地区で数多くの目撃情報が寄せられている野人。
これは明らかに人間の中国人…


17mの白銀の大蛇

92868D918B9091E583778372.jpg

遼寧省の新賓満族自治県で発見された巨大なヘビ。
このヘビは発掘作業中に発見されたもので、
体長が16.7m、体重は300kgあり、年齢は140歳と推測されている。


双頭のトカゲ

two-headed-lizard_1771517i.jpg

広西州チワン族自治区柳州市融安県で発見された双頭のトカゲ。
この写真の撮影者の飼い猫により捕らえられたらしい。
このあと、撮影者がおいしくいただk(ry


イヌ+ウシ+ライオンの混合種

52660_1.jpg

四川省大英県金元郷で生け捕りにされた。
頭はイヌでウシの鼻にライオンの足という出で立ち。


人型植物マンドレイク

153-07mandrake.jpg

山東州で発見された伝説のマンドレイク。
根っこを持つ植物だが、まるで人間の夫婦のような形をしている。
地面からひっこ抜いた際、このマンドレイクが悲鳴をあげたとかあげなかったとか。


まだまだ謎が多い中国。
今後も驚くべき謎生物が発見され続けるだろう。

[ソース:http://matome.naver.jp/m/odai/2135848536054637801]


千葉県流山市の閑静な住宅街に地元の人達から恐れられている坂道がある。
その付近には住宅が建ち並んでいて、
一見、普通の坂道なのだが、お盆が近づくと
付近の住民たちは夜遅く出歩かないようにしているという。

その坂道の名前は『死人坂』

SHININZAKA3.jpg

この坂道では度々『もんぺ袴』を着た人達が目撃されているらしい。
その人達が現れるのはいつも真夜中。
ボロボロになったもんぺ袴を着た人達が、
腰を丸めながら歩いているという。
提灯のようなものを手にして歩いている人もいるという。

それらの人々はもちろん、この世の者達ではない。

この坂の上には、墓地(東福寺千仏堂墓地)がある。
その昔、農民が亡くなると、その遺体を樽型の棺桶に入れて墓地まで運んでいたことがあるらしい。
当時は道も荒れ、転んだりして仏様を放り出してしまうこともあったそうだ。
お坊さんが毎年のように供養をしているらしいが、
彷徨う霊達はどこかに行ってくれないという。
余程、この世に未練があるのだろう。


今年もこの坂道は成仏できないで彷徨う霊達で溢れかえっている。

SHININZAKA8.jpg

[ソース:http://happism.cyzowoman.com/i/2013/08/post_2812_3.html]


動物園、それは日常生活においてあまり目に触れる機会がない
動物が展示されている、ちびっ子達に大人気のアトラクションだ。


中国 河南省にある動物園で異変が起きているらしい。

ある日、女性が息子を連れてこの動物園を訪れていた。
女性は息子に、どの動物がどんな声で鳴くのかを教えながら
園内を回っていたそうだ。

そしてライオンの檻の前に来たとき、
息子は
「ママの嘘つき!」
と言い出したという。

なんとライオンが「ワン」と鳴いたというのだ。
小さな息子が言うことだ、最初女性は信じられなかったが、
確かにライオンの檻の中にいた動物は「ワンワン」と鳴いていた。


問題の檻の中にいた「ワン」と鳴いたライオンをご覧頂こう。














14617441721790698581.jpg

明らかに犬(゚Д゚;)
動物の説明板には確かに非洲獅(アフリカライオン)と書かれているが、
どこからどう見ても犬。

この犬は、小型のチベタン・マスティフだそうだ。
チベタン・マスティフとは、チベット高原を原産地とする大型犬だ。
「東方神犬」という異名を持ち最強の犬とも言われる。
最強だって言われても犬は犬。

これを見た女性は
「犬をライオンとして展示するなんて!客をもてあそぶにもほどがある!!」
とキレまくったという。

動物園側はこれに対し、たまたまライオンがいなかったからと説明。
「アフリカライオンは繁殖のために今動物園を空けています。
檻は空っぽです。
そこにスタッフの友人が出張で不在になったのですが、
チベタン・マスティフは凶暴なので放置しておくことができません。
そこで暫定的にこの檻に入れたのです。
ライオンはすぐに戻る予定です」
とのことだ。

チベタン・マスティフを飼っている人物が出張で不在にするためその間、
犬を預かり、たまたま空いていたライオンの檻に入れていた、
ということのようだ。

ちなみにオオカミの檻にも

2216535408413460277.jpg

犬…(゚Д゚;)

ヒョウの檻には

6232317554127224293.jpg

キツネのような謎生物(゚Д゚;)

さらにヘビの水槽にはネズミ科のヌートリアがいたらしい…

動物いないんだったらきちんと説明して空けとけって話だ。
適当すぎる、これが中国クオリティ。


ちなみに、チベタン・マスティフは「虎型」と「獅子型」に分けられ、
「獅子型」はライオンのようなたてがみがあるのが特徴だ。
富裕層の間で人気の犬種で、1頭130万円~1億円以上で
取引されることもあるという。

[ソース:http://rocketnews24.com/2013/08/16/359985/]


この世には、そのものを別なもので表現してはならないものがある。
それは食品界で絶対に犯してはならないタブーだ。

そんなタブーを犯してしまったある食べ物が山梨県の観光地清里にある。
それを出しているのは「キッチン ぺるーしぇ」

一体どのような食べ物なのか、ご覧頂こう。












ph_kuso1.jpg

その名も「バリューム・ク・ソフト」
便器型の容器に盛られた立派なうんこ…
ではなく、おいしそうなソフトクリーム。

s-aDSC_0238.jpg

しかもリアルなハエつきのスプーンもついている。
味はバニラ、ブルーベリー、巨峰、そしてチョコの4種類。
ほとんどの人はチョコを注文するそうだ。

これを食べることによる効能について店側は、
大きさがビッグなため、おなかが満たされ、
話題がなくなって、あきてきたデートを盛り上げる。
さらに、笑うことによって、腹筋、背筋がきたえられ、肩こり、神経痛、
関節痛、打身、ねんざ、頭痛、歯痛、目のかゆみ、脱毛症も改善。
極めつけは、しらけた人生に花が咲くとまで言っているというww

店を変えながらも20年近く売られ続けている人気商品だ。
これまで何度かテレビや雑誌などにも取り上げられ、

2a66d7e513ae87e4e2eb7aca6edce2f8_400.jpg

最近何かと話題なあのフィギュアスケートの安藤美姫選手も食べに来たこともあるという。


値段は500円。
行った際にはぜひ食べてみたい一品。

それでは最後に、食べた後の衝撃的な姿をご覧頂こう。








【閲覧注意】









kuso.jpg

[ソース:http://matome.naver.jp/m/odai/2137647532678025401]


プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。