HOME   »  2014年02月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロシア ウリヤノフスク州上空で正体不明の飛行物体が出現したことが話題になっている。
今月17日午前10時から11時にかけて
ウリヤノフスクのアルハンゲリスコエ村バラタエフカ飛行場付近で
正体不明の飛行物体が出現し、訓練を行っていた
L-29ジェット機2機を尾行し始めたという。
その飛行物体は、高度2100メートルを時速約500キロで飛行し、
L-29と同じ飛行ルートをたどったという。


※イメージ画像?

その飛行物体は大型軍用無人機ではないかと言われていたが、
国防省ではウリヤノフスク上空にその日、
大型軍用無人機がいたことを確認しておらず、報道部では
「その時間、ウリヤノフスク上空での大型軍用無人機の飛行は
予定されておらず、実施もされていない」
としているという。


※この付近で目撃
© Google Maps


果たしてその飛行物体はどこからやってきて一体何なのだろうか?

[ソース: http://news.2chblog.jp/archives/51782466.html]


スポンサーサイト
22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット「ドラえもん」
ドラえもんといえば四次元ポケットから繰り出す
数々の魅力的な未来世界の道具「ひみつ道具」だ。

そんなひみつ道具を実際に作ってしまおうという
夢のある壮大なプロジェクトが始動したそうだ。
そのプロジェクトを打ち出したのは、コピー機でお馴染みの富士ゼロックス。
この「四次元ポケットプロジェクト」は、複数の企業の技術を駆使して
実際に「ひみつ道具」作りに挑戦するというプロジェクトだ。

その第1弾として登場したのが



1人で対戦将棋を楽しめるひみつ道具「セルフ将棋」



コンピューターを内蔵した本体、将棋盤を見つめる「やじうまアイ」
駒を手にする「ロボットアーム」などで構成されているという。


[http://youtu.be/yQBxkw7sEX0]

21世紀の技術で22世紀に挑戦する、それは凄いことだが、
なんだろう、これじゃない感が半端ないw



まずはドラえもんを作ることから始めようか。

[ソース: http://mysterious-blog.com/archives/3718353.html]


先日開催された恒例の東京マラソンになんと
なんとも神々しいあのお方も参加されたと話題になっているという。
そのお方は重い十字架を背負っていたというのだが。


それではご覧頂こう。






















キリスト様!?(゚Д゚;)

他の参加者達とは違い、一際輝きと異彩を放っている。
これはまさしくイエス・キリスト!
このままゴルゴダ丘にでも向かうかのような勢いww

このキリスト様、チャンバーズというバンドのボーカルらしい。
ていうか、去年もいなかったか?


今年の東京マラソンの参加者にはキリスト以外にも
気迫に満ちた個性溢れるコスプレランナーが多数いたという。


黄金聖闘士


佐○河内守氏


ふなっしー


ダース・ベイダー


スパイダーマン


トランスフォーマー


セーラームーン

月に変わってお仕置きしたい


フリーザ様
確か去年もいたよな


なんだか辛そうwww


個性溢れるコスプレランナーの皆さんだが、
この出で立ちで完走とかある意味すげえなww

[ソース: http://news.2chblog.jp/archives/51782136.html]


ファーストフードなどでも割とよく見かける
アイスクリームと生クリームベースのポピュラーなデザート「サンデー」

海外で「とてつもなく邪悪」だとして見た者を
ガクブルさせているサンデーがあるというのだが。


それではご覧頂こう。
















おわかり頂けただろうか?
サンデーの中身に注目して頂きたい。
赤いシロップの中に出現したのは紛れもなく赤いドクロ!
しかもその赤色が妙におぞましい色をしており、
あたかも血に染まったかのような色合いになっており大変不吉なのである。
この世のものとは思えない不気味で狂気に満ちたその顔はまさに邪悪!
投稿者はこのサンデーを「bloody Sundae」と名付けたという。


顔といえば、我ら日本にも存在する。


※パナップ

これに匹敵するほどの血まみれサンデー。
偶然かそれとも本当に邪悪な者が乗り移ったのか?
どちらにしろ、食べれば普通においしいわけだ。

[ソース: http://www.yukawanet.com/archives/4630783.html]


とある博物館に展示された化石の名前について、
ネット上をざわ…ざわ…させているという。







この化石は古生代石炭紀からペルム紀にかけて生息していた
硬骨魚と軟骨魚の両方の特徴を併せ持つ棘魚類という
絶滅した魚類に属するものの化石だ。


それではこの化石の名前をご覧頂こう。
















アカンソーデス

ああそうですか、アカンですか?
なんというダメな名前…と思って調べてみると、
この化石の魚、正確にはアカンーデスあるいはアカントデスというらしい。

体長約20 - 30cmで胸鰭が棘状になっており、始原的な顎を持つが歯は無く、
プランクトンなどを濾過摂食していたと考えられている。
アカントーデス、棘魚類としては地球上最後に現れた魚なのだそうだ。




[ソース: http://news.2chblog.jp/archives/51782071.html]


1972年7月8日~1973年5月5日まで放送されていた
特撮作品「人造人間キカイダー」をご存知だろうか?
あの「仮面ライダー」シリーズの原作者の故 石ノ森章太郎先生の作品で、
当時、大人気バラエティー番組「8時だョ!全員集合」の裏番組にして、
驚異の視聴率を叩き出した伝説の作品だ。
光明寺博士によって作られた人造人間キカイダー(ジロー)が、
悪の科学者プロフェッサーギルが率いる組織「ダーク」と戦う姿を描いていた。
不完全な良心回路を持ち、善と悪の狭間で苦悩しながらも
愛と平和と人々の自由の為に戦う人造人間の姿に
当時の子供達は熱狂したという。

そんな「人造人間キカイダー」が脚本開発に2年という歳月をかけ、
デザインも一新して41年ぶりにスクリーンに帰って来た!

その名も「キカイダー REBOOT」



映画予告に先駆け、一新されたキカイダーのデザインが公開された。


左:新キカイダー 右:旧キカイダー

キカイダーの他にも、宿敵ハカイダーのデザインも一新された


左:新ハカイダー 右:旧ハカイダー

かつてのデザインの余韻も残しつつ、平成らしいスタイリッシュなフォルムに。
ていうか、なんだかアメコミ風な感じに。

新キカイダーでは、1972年当時にジロー/キカイダーを演じた伴大介さんも、
謎の心理学者・前野究治郎として出演するという。


左:新キカイダーの入江甚儀さん 右:伴大介さん

撮影は2月26日にクランクアップし、5月24日に公開の予定だという。
果たしてただのリメイク止まりになるか?
それともまったく新たなヒーローとして生まれ変わるか?
公開が楽しみだ。

[ソース: http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1402/20/news022.html]


軽く災害レベルだった関東の未曽有の大雪から一週間が過ぎたわけだが、
先月末、アメリカ ジョージア州アトランタでも
降雪による大渋滞が発生したという。

そんなアトランタの雪害を元にした
パニック映画予告編風動画が話題になっている。

その名も、全米が震えた未曽有の雪




[http://youtu.be/la-PK1wQrWs]



寒さで震える妻か恋人を抱えるナイスガイ


まさか…死んだ!?


雪で道が大渋滞


スリップする車


鳴き叫ぶヤギ




はしゃぐおっさん


謎生物登場


おっさん襲う謎生物


くっそワラタwww

もうお気づきだろうが、タイトルが「1インチの雪」
1インチ…たった2.5cmかよww


このパロディ動画、アトランタという所は元々雪が降らなくてガチなのか、
それともたった2.5cmで渋滞に陥ったことに対する揶揄か?
面白いんだけど、どちらにしろ未だ雪で孤立しちゃってる
山梨や埼玉 秩父の人達に動画作った奴謝れ。


先週の山梨

[ソース: http://karapaia.livedoor.biz/archives/52154380.html]


昨年2月上旬、鹿児島県奄美大島の海岸に巨大な謎の物体が漂着した。
その謎の物体は6mもの大きさで、
謎の生物の死骸「グロブスター」と呼ばれるものだそうだ。
グロブスターは非常に強烈な悪臭を放っているらしい。
グロブスターとは、海岸に打ち上げられたり、
沖合で発見されたりする物体で、
どのような動物か特定できない謎の巨大な肉塊のこと。
グロテスクとブロブ(塊)とモンスターの合成語だという。


それではご覧頂こう。
















直径6mはある大型の白い肉塊が波打ち際に横たわっている。
遠目にはフワフワしたもののように見えるが、
接近すると表面は筋繊維質のようなものに覆われた
生々しいプニプニした柔らかい有機体のようだという。

発見された場所は 奄美大島の安木屋場(あんきゃば)地区の海岸。
地元住民たちの間では「こんなの見たことない!」と大騒ぎになったという。

このグロブスターの正体について、クジラ等の大型哺乳類または
大型魚類の死骸が腐ったものという説がある一方、
当ブログでも数年前ご紹介したUMAの一種「南極のニンゲン
ではないかと指摘する専門家もいるという。


※イメージ画

島に住む男性が肉塊の一部を採取し、標本をクール便で
UMAやオカルトに詳しい作家の山口敏太郎氏に送ったところ、
標本を見た山口氏もまた、このグロブスターは「ニンゲン」の可能性があると発言したという。
もしもこれが本当に「ニンゲン」だとしたら、
「ニンゲン」の死骸ということになる。
ということは、「ニンゲン」が存在するということにもなる。


世界中の海岸に時折打ち上げられる謎の物体グロブスター、
正体が解明される日が来るのだろうか?


ちなみに、奄美大島グロブスターの画像の左上の女子は
本物の「人間」であって、画像の死骸とは関係なく、
間違っても画像の死骸の生前というわけではないということを念のため付け加えておく。

[ソース: http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/129192/]


イギリスのある男性が、車の運転中に起きる不思議な出来事に
初めて気付いたのは、昨年7月のこと。
自宅近くのある交差点を通り過ぎようとすると、
必ず車内で「猫の鳴き声が3回聞こえる」のだという。
不審に思って調べてみても猫の姿は車中に見当たらず、
その後、彼の車に乗せた家族や仕事の同僚なども
鳴き声を聞いたとして一緒に探してみたものの、
やはり猫の姿は見つからなかった。

未だ通るたびに起きる車内の怪に、男性は
「これが何なのか、説明できる人がいたら教えて欲しい」
と不安を募らせているというのだ。

イギリス チェスター・スタンダード紙によると、
この男性はイギリス中部の街リバプール近郊の
グレートサットンに住む69歳の銀行職員、マルコム・ペンニカード氏。
彼は普段、グレートサットンの南に位置するチェスターの職場に向かう際に、
愛車の日産自動車のSUV車「エクストレイル」を走らせている。



その途中に必ず通る特定の交差点を通り過ぎようとする時、
彼は車の中でいつも「猫の鳴き声を3回」聞くそうだ。

初めて聞こえた時は「何も思わなかった」そうだが、
ある日、妻を乗せてその場所を通ると、
やはり同じ猫の鳴き声が聞こえた為、
彼は妻に鳴き声の話をしてみたという。
すると、同様に鳴き声を聞いたという妻は、
自宅で飼っている2匹のうちの1匹が紛れ込んでいるのではと推測。
「よそで迷子にならないように、家に戻ろう」
との妻の提案から、2人は一度自宅へ引き返し、
車内をくまなく探してみたそうだ。


しかし結局車の中に猫は見当たらず、
夫婦は再び車に乗って目的地へと向かったが、
同じ交差点に差し掛かった時、2人はまた車内で
「3回ニャーと鳴く声」を聞いたという。

初めて鳴き声に気付いてから約3ヶ月、
「超常現象は信じない」と話すペンニカード氏だが、
未だに交差点で鳴き声が聞こえる理由が分からず、
さすがに不安を覚えている様子だという。
これまでに妻や息子、話をして興味を持った仕事の同僚なども
車に乗せてみたそうだが、誰もが現場で鳴き声を耳にしたと話したそうだ。

しかし、そのたびに揃って彼の車の中を捜索してみても、
やはり猫の姿はなし。
時には現場で自分や仲間が降り、
中と外から何か異変が起きているのか探ろうとしても、
結局誰が運転しても車内で3回鳴き声がするものの、
その理由は全く分からなかったという。

ならば車の方に問題があるのかと詳しく調べてみても、
サスペンションやエンジンを治した後も、
やはり交差点での鳴き声は継続。
彼に起きる車内の怪が他の車でもないのか、
ペンニカード氏は日産にも問い合わせてみたそうだが、
今のところ彼の車でしか起きていないようだ。
仲間うちからは「様々な説を提案されている」と話す彼だが、
納得いく説が全く見つからない不安もあるようで、
最近では超常現象を信じてこなかった彼ですら
「猫の霊がいるのかも」
と思うようになったそうだ。

早く原因を知りたいと、助けを求めているペンニカード氏。
もしも猫の霊が車に住み着いているならと、
今度は交差点に差し掛かったら素早くすべてのドアを開けて
猫霊を振り落せないか試してみようかと考えているとも話しているという。



果たしてペンニカード氏の車には一体何があるというのだろうか?

[ソース: http://news.nicovideo.jp/watch/nw796738]


2014
02.19

三度の飯はすべてピザでもOKという全国のピザ好きの皆さんへ。
海外の通販サイト『DEMETER(ディメーター)』にて
驚きの香水が販売されているらしい。

その名もピザの香りの香水『Pizza Perfume』



このピザ香水は、日本でも浸透しているドミノ、
ピザハット、ピザーラ、シカゴなどのピザの臭いを研究を重ね、
見事再現させ香水にしたものらしい。

臭いはトマトとモッツァレラチーズが混ざったようなもので、
実際に嗅いだことがある人は「リアルなにおいである」と評価しているという。




実際に購入した人のコメント

・あなたはピザを注文しなくてもピザを嗅ぐことができる。
イタリアの婆ちゃんちの台所みたいな。
快適なお部屋の香りになるよね。
・私は試しに1/2オンスを注文、チーズとトマトソースの驚き。
香りが非常にいいっすわ。


など、絶賛されているみたいだ。

お値段1オンス20ドルと比較的リーズナブル。
こちらのサイトから購入できるそうだ。

ちなみに日本への配送料は40ドルかかるらしいので、
買うならまとめてのほうがよさそうだ。


他の誰よりも自分のほうがピザを愛してる、
ピザの香りに包まれて暮らしたい、
むしろピザになりたい!というあなたにオススメしたい。

ただし、ピザ(デブ)がピザの香水つけてピザ臭を撒き散らすのは
ダメ、ぜったいなのでご注意を。

[ソース: http://getnews.jp/archives/509111]


プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。