HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト謎・ミステリー  »  上陸するとアレされる島
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この地球上には、未だにインターネットや携帯電話を知らず、
近代文明とかけ離れた生活を続けている民族が多数存在する。
多くの場合は、森の奥地や高い山の上などに住んでいた為、
地理的にそうならざるを得なかった部分もある。


インド洋東部ベンガル湾内にある北センチネル島をご存知だろうか?





その島に行くのは地理的には行くのはたやすい。
だがしかし、その島の先住民たちはいかなる理由であろうと、
侵入者を拒み、矢で威嚇して決して寄せ付けないという。

そう、近づく者はアレされかねない恐ろしい島だ。






※矢を構える島の先住民族の皆さん

インド領アマンダン諸島の中の島の一つだが、
先住民たちは島外からの人間を拒み続けている為、
未だかつて誰も島内を探索したことがなく、
その生態も謎に包まれたままだという。
正確な人口すらも不明で、おそらく40~500人ではないかと推定されている。
彼らの外部との接触の拒否は徹底していて、
2004年にスマトラ島沖地震が発生した際、生存者を確認し、
救援物資を届ける目的で島を訪れたヘリコプターにさえ、
矢を放って外部者の上陸を拒んだという。

また、2006年には、カニの密漁をしていたインド人2人が、
寝ている間にボートが流され北センチネル島に漂着。
2人は矢で射られアレされたという。
インド政府が2人の遺体を回収しようとヘリコプターで向かうが、
そこには矢の雨が待ち構えていて、遺体の回収はなされなかったそうだ。

島を所有するインド政府は1964年から数回に渡って、
島の住民達との接触を試みたが、全て失敗に終わったらしい。
専門家達は食べ物や贈り物を持って船で島を訪れ、
敵ではないことを示したが、やはり矢を放たれ威嚇され、
上陸することはできなかったという。
最終的に、インド政府は島の住民と接触することを諦め、
島へ近づくことを禁じたとのことだ。

島の人々が拒むのは、島に上陸した意志を持った人間ばかりではない。
稀に海難事故で北センチネル島に意図せず漂着してしまう者もいるが、
多くの場合、大怪我を負って戻って来るか、
あるいはもう2度と戻って来られないかだという。


なんともバイオレンスな民族だが、日本の少数民族「グンマー」といい勝負だ。







[ソース: http://chikatomo.doorblog.jp/archives/37141855.html]


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
Lights Out
NEW Topics
仮面ライダーアマゾンズ
衝撃!トルコの路上に…
軽くホラー 65
目撃!雲の上の○○
成人式で…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。