HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト謎・ミステリー  »  予言猫
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫には不思議な能力があるとされている。
例えば、何もない空間をじっと見つめていたかと思えば、
いきなり何かを目で追うような動きをする、まるで霊能力のような力。
家でひとりで飼い主の帰りを待つ際、
飼い主がまだ家に辿り着いてもいないのに、
何かを察知したかのように玄関で座って待っていたりする、
まるでテレパシーを感じることが出来る予知能力など。


アメリカにも不思議な特殊能力を持つ猫がいる。



9歳の雄猫、名前はオスカー。
アメリカのロードアイランド州プロビデンスの
養護・リハビリセンターで飼われている。

彼の持つ特殊な能力とは

人の死を予言する能力



オスカーさんは病気の患者の側に付き添い、
患者がこの世を去るまでずっといるのだという。
この施設に勤めるブラウン大学准教授でもある
デイヴィッド・ドーサ博士が言うには、
オスカーさんは施設に来て半年後には、
各患者の病室を医師や看護士のように「回診」していたという。
そして患者をのぞき込んでは匂いをかぎ、次の患者のところへ行く。
オスカーさんが特定の患者のところに留まった場合には、
その患者の余命がいくばくもないということを意味するのだという。
特定された患者はいつも短期間で亡くなった。
さらに扉の外にいても、オスカーは瀕死状態の患者の部屋の扉を開け、
そこへ入ろうとしたこともあるそうだ。

「過去の6年間で、オスカーの予言はほぼ的中した。絶対に偶然ではない」
と、ドーサ博士は話す。

一説にはオスカーさんは人の死期が迫る際の細胞が死ぬときに発する
独特なニオイをかぎわけることができるのではないかと考えられている。
動物が特殊な環境下で習得した行為だという意見もあるが、
施設にいる他の猫5匹は同じようなことをしたことはないらしい。



オスカーさんは2005年の生まれ。
ペットセラピーを目的として、行政機関で殺処分されるはずだった動物たちの
里親募集活動を行う非営利団体「アニマルシェルター」から、
子猫のころに当施設に引き取られたのだという。


※患者の部屋の前で待つオスカーさん

まもなくこの部屋の誰かが亡くなるのか!?


果たしてオスカーさんは人を安らかに送り出すためにやってきた神の遣いか?
それとも人をあの世へと誘い出す死神なのだろうか?

どちらにしろ最期にもふらせてくれ、
死を間近にした人に安らぎを与えてくれることに違いはない。

[ソース: http://world-fusigi.net/archives/7654469.html 他]


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
軽くホラー 56
NEW Topics
仮面ライダーアマゾンズ
衝撃!トルコの路上に…
軽くホラー 65
目撃!雲の上の○○
成人式で…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。