HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトUFO・宇宙  »  飛来してきた何か
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラジル西部マト・グロッソ・ド・スル州の州都カンポ・グランデから266km離れた場所に位置する小さな街、
サンタ・リータ・ド・パルドで昨年12月28日の午前2時18分、
静まり返る深夜の街に突如閃光とともに大きな爆発音が3回響き渡った。
それはまるで、タンクローリーが爆発したかのようだったという。

轟音に気づき外に飛び出した住民達の目に飛び込んできたのは、
夜空を飛行する不思議な火の玉だったという。


それではご覧頂こう。


http://youtu.be/WV0irE_vPvw

おわかり頂けただろうか?
色や大きさが異なるいくつもの火の玉が、
ゆっくりと夜空を飛行しているのが確認出来る。



この出来事は、発見から45分の間に街の住民のみならず、
隣のパラナ州や、国境を隔てたパラグアイでも目撃されている。

この火の玉の正体について、多数の目撃者の証言から当初は隕石の飛来と言われていたが、
スピードが遅すぎるとして隕石説は否定された。
「宇宙ゴミである」と主張する専門家も現れたが、
未だに正体は判明していないという。


そして、この謎の火の玉の襲来には衝撃的な続きがある。


翌日、この火の玉の一つが、この街に暮らすフランシスコ・スーザ・ダンタスさんの農場に落下していたというのだ。
現場で発見されたのは、全長1.7m、重量22kg以上の炭化した物体だ。
フランシスコ・スーザ・ダンタスさんの友人で、スーパーマーケット店主のマルセロ・グラールさんは、

「深夜3時ごろ、7つの火の玉が空から降ってきたのです」

と地元紙の取材に答えているという。


それではご覧頂こう。





現在、農場には落下物を一目見ようと多くの人が押し寄せているらしい。

この事態を受けて毎度お馴染み、台湾の英語教師兼UFO研究家のスコット・ウェアリング氏は、
今回の火の玉は隕石ではなく、ブラジル上空を飛行中のUFOが撃ち落とされたか、
何らかのトラブルに見舞われたものであるという。
その上で、農場の落下物については、UFOから噴出された 「脱出ポッド」だとしている。

もしそうなら、この小さな街のどこかに脱出に成功したエイリアンが潜伏していることになるのだが、
果たしてその真相はいかに!?



[ソース: http://tocana.jp/i/2015/01/post_5497_entry.html]


関連記事
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
○○に支配された会社
NEW Topics
仮面ライダーアマゾンズ
衝撃!トルコの路上に…
軽くホラー 65
目撃!雲の上の○○
成人式で…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。