HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト動物・植物  »  ゾンビキャット
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今子ども達に人気の『妖怪ウォッチ』に登場する、妖怪サイドの主人公的存在のキャラクター「ジバニャン」



トラックに轢かれて死んだ猫が、成仏できずに地縛霊となった妖怪なのだが、
ところ変わってアメリカ・フロリダ州タンパには、交通事故に遭い死亡が確認されて埋葬されたものの、
数日後に息を吹き返して墓から這い出てきた、通称「ゾンビキャット」がいる。



この街に住むエリス・ハトソンさんの飼い猫の白黒猫のバートさん。
1週間以上前、バートさんは路上で血まみれで倒れているところを発見された。
どうやら車に轢かれたらしく、動物病院に搬送されたものの、獣医によって死亡が確認された。
飼い猫の死があまりにもショックで、自ら埋葬できなかったというエリスさんは友人に頼み、自宅の庭に穴を掘ってバートさんを埋葬してもらったという。

ところが埋葬から5日後、なんとバートさんが隣人の庭にひょっこり姿を現したというのだ。


頭部を酷く損傷して片目を失い、顎も砕けた上、泥にまみれたその姿は、
さながら地中から這い出てきた生ける屍、すなわちゾンビのようであったという。



ゾンビのようによみがえった飼い猫の登場に驚いたエリスさんだったが、すぐバートを動物病院へ連れて行った。
損傷した片目を取り除きアゴの手術を受け、手術は無事に成功。
近いうちに完治が見込まれているという。



死亡が確認されたバートさんが、一体どうやって息を吹き返して墓から這い出てきたのか、獣医も謎だと述べている。
バートさんを見つけた隣人は、
「埋葬後に意識を取り戻して、墓から出てきたのでは?」
と言い、エリスさんは兄弟のおかげかもしれないと語っている。
バートさんには兄弟がいて、いつも一緒に遊んでいたバートが埋葬された場所を、兄弟が掘り起こした可能性があるとエリスさんは考えている。

あと1週間ほど入院すれば、バートさんははエリスさんの元へ帰れるそうだ。


猫は9回生まれ変わるという言い伝えがあるが、その生命力の強さに驚きを隠せない。
死んでリアルジバニャンにならずに本当によかったと思うと共に、早く元のように元気に走り回れるようになることをただただ祈るばかりだ。

[ソース: http://rocketnews24.com/2015/01/30/539699/]


関連記事
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
雪深い森に…
NEW Topics
仮面ライダーアマゾンズ
衝撃!トルコの路上に…
軽くホラー 65
目撃!雲の上の○○
成人式で…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。