HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト動物・植物  »  ブサイク犬コンテスト2015
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ・カリフォルニア州ペタルマで先月26日、毎年恒例の「世界一醜い犬コンテスト」が行われた。
このコンテストは各地から集められた選りすぐりのブサイクな犬の中から、第一印象、個性、天然の醜さ、性格、観客の印象を点数にして優勝を決めるこのコンテストは今年で27回目。
昨年のコンテストの記事


※昨年の優勝犬


それでは今年の栄えある優勝ブサイク犬をご覧頂こう。











優勝したのは、ピットブルとダッチシェパードのミックス犬、カジモドさん(10歳)
彼は昨年の準優勝ブサイク犬で、今回悲願の優勝となった。



カジモドさんは生まれつき背骨が短く、ディズニー映画『ノートルダムの鐘』に出てくる、見た目は醜いが心の優しい青年の名前から取ったのだという。
犬のカジモドさんもこの青年のように、完全な姿では生まれてこなかった犬だ。
見た目のせいで元の飼い主から捨てられたのだが、獣医である現在の飼い主が、保護施設の中でカジモドさんを見つけて引き取ったのだという。

現在の飼い主は、彼がかわいそうだから引き取ったのではなく、
カジモドさんの瞳の奥に輝きを見つけたからだと説明している。
生まれ持った障害のせいで背骨が短い彼だが、遊び好きで人懐こい性格だという。



このコンテストでは身体的特徴に関係なく、犬が大切なパートナーになれることを訴えており、保護施設からの犬の引き取り推進を目指している。
ただ見た目ブサイクな犬を決めるだけじゃなく、ブサイクの裏にある感動的アナザーストーリーも審査基準に含まれているようだ。

ただ、残念ながら今年はいまいちブサイクインパクトに欠ける。
来年は一体どんなブサイクな犬が選ばれるのか楽しみだ。

[ソース:http://commonpost.info/?p=113876]


関連記事
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
千葉水没
NEW Topics
仮面ライダーアマゾンズ
衝撃!トルコの路上に…
軽くホラー 65
目撃!雲の上の○○
成人式で…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。