HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトUFO・宇宙  »  エンケラドスの海
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土星には64個の衛星があるという。
そのうちの一つにエンケラドスという衛星がある。



エンケラドスは厚い氷に覆われた星なのだが、その氷の下には海が広がっており、生命が存在するのではないかと期待されているという。

エンケラドスは、液体の水や有機炭素、窒素など生命を形成するのに必要とされる元素などが発見されており、
地球外生命体が生息している可能性を帯びた星として注目されていたが、
NASAの探査機カッシーニが2010年から2012年に行った重力測定の分析により、エンケラドスを覆う厚い氷の下に、大きな液体の海が存在することが確認されたそうだ。


※カッシーニ想像図

エンケラドスは直径500キロほどの小さな衛星である。
エンケラドスの北極は厚さ約50キロの氷が岩盤を覆っている。
一方、南極の氷は厚さ30~40キロほどで、その下に深さ8~16キロほどの海があるとみられる。

海はレンズ形をしていて南極点の部分が最も深く、離れるほど浅くなっていると思われる。
南極は北極に比べてクレーターも少なく、新たな表面が形成されたことがうかがえるという。


海の下にはケイ酸塩の岩盤があると考えられ、この岩盤の中を通る水は生命が必要とするリンや硫黄、カリウム、ナトリウムなどの成分を含んでいる可能性があるという。



これまで、土星の衛星タイタンや木星の衛星エウロパでも氷の下の海の存在が確認されたという記事はかなり前にご紹介したわけだが、
太陽系外の惑星を探索して生命を発見するより、こちらのほうが先に明らかとなるかも知れないと思うと胸熱。


※エンケラドス地表想像図

もしも生命がいたとしたらやはり魚型なのだろうか?


※イメージ画像


かつて生命がいたかも知れない火星のような干からびた星より、時代はエンケラドス。

[ソース:http://karapaia.livedoor.biz/archives/52159363.html]


関連記事
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
散歩中に…
NEW Topics
仮面ライダーアマゾンズ
衝撃!トルコの路上に…
軽くホラー 65
目撃!雲の上の○○
成人式で…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。