HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトUMA-未確認動物-  »  散歩中に…
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チュパカブラ、それは鋭い牙と爪を持ち、家畜や人間を襲うとされる謎の吸血未確認生物。



1995年にプエルトリコの農場で初めて目撃されて以来、その噂は瞬く間に各国へと飛び火し、わずか20年の間にアメリカ大陸を代表するUMAとしての地位を確固たるものとしている。

そんなチュパカブラを仕留めたとして名乗りを上げた男性がいる。
チュパカブラの死骸を保管していると主張する男性は、アメリカ・テキサス州ロックデール在住の庭師、フィリップ・オリヴェイラさん。
オリヴェイラさんがチュパカブラと遭遇したのは5月31日のことだったという。

その日オリヴェイラさんは飼い犬の散歩中、連れていた飼い犬が突如として小川の方へと走りだし、今まで見たことがないほど猛烈な剣幕で吠えはじめたという。
急いで駆け寄ると、そこには全身の毛が抜け落ち、皮膚がかさぶた状になった奇妙な生物が息絶えているのを発見。
その異様な姿に、ただならぬ雰囲気を感じたオリヴェイラさんは、死骸を持ち帰り自宅裏口にある大きな冷凍庫で保管することを決めたという。


それではご覧頂こう。




鋭いキバが不気味な正体不明の謎の生物。
この生物がチュパカブラだとオリヴェイラさんは主張しているという。

がしかし、生物に詳しい専門家らはこの生物は、疥癬(かいせん、ダニの寄生による皮膚感染症)を患ったコヨーテかアライグマとの見解だ。

それに対しオリヴェイラさんと現場に同行した2人の友人は、
「コヨーテにしては大きすぎます」
「現場付近で数えきれないほど釣りやキャンプをしてきましたが、こんな動物は一度も目にしたことがない」
と、死骸の正体がチュパカブラであることを確信しているという。


※オリヴェイラさんさんとチュパカブラかも知れない死骸


以前このブログでもお伝えしたチリの牧場で発見されたチュパカブラらしき死骸の話題を覚えているだろうか?
http://skygalaxy2013.blog.fc2.com/blog-entry-1383.html

残念ながら、その時発見されたものはチュパカブラではなかったわけだが、果たして今回は!?

[ソース:The Daily MailTOCANA、他]


関連記事
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
レトロフューチャー的UFO
NEW Topics
仮面ライダーアマゾンズ
衝撃!トルコの路上に…
軽くホラー 65
目撃!雲の上の○○
成人式で…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。