HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトUFO・宇宙  »  激写!火星エイリアン!?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火星で日夜調査に明け暮れるNASAの火星探査機キュリオシティは時折地球に奇妙な画像を送ってくる。


※イメージ画像

つい先日も火星エイリアンの骨の化石のようなものが発見された話題をお伝えしたばかりだ。
http://skygalaxy2013.blog.fc2.com/blog-entry-1569.html

そして今回、ついに火星エイリアンそのものが発見か!?と世界中を驚愕させる画像が公開された!

これからご覧頂く画像は先月撮影されたものなのだが、宇宙愛好家の一人が発見、SETI(地球外知的生命体探査)研究所上級研究員のセス・ショスタック氏の元へ送られて来たという。
ショスタック氏は、「似たような画像を私に送ってくる人たちがいます。彼らは大抵とても興奮していて、火星の地表にはあり得ないようなものが見える、それが何かに似ていると言います。大抵の人は何かの動物じゃないかと言いますが、自動車の部品のようなものだと言う人もいます」と話している。


それでは世界中を驚愕させた火星エイリアンのような姿をご覧頂こう。




おわかり頂けただろうか?
一見すると何の変哲もない赤茶けた火星の大地を捉えた写真のように見えるが、右下部分に注目して頂きたい。
岩陰に、何本もの足が生えた何かが写り込んでいる。



その姿はまるでカニのようだ。
火星エイリアンのイメージはタコと皆さんは認識しているかと思うが、まさかの甲殻類!
ネット上では映画『エイリアン』に登場するエイリアンの幼生「フェイスハガー」に酷似していると指摘、生きているのではないかと考える者もいる。



「フェイスハガー」は、人間の顔面を覆うように寄生し、体内に卵を産み付ける恐ろしいエイリアンだ。

しかし、ショスタック氏は、これは「パレイドリア」と呼ばれる脳の機能だと説明する。
パレイドリアとは雲が動物に見える時があるように、脳がある物体を別の物と知覚する心理的作用だそうだ。
が、明らかに他の岩とは違うこの謎の物体に、世界中の宇宙愛好家たちの興味を一心に集めている。

やはり火星の地下には生命体が潜んでいるのだろうか?
果たしてこのフェイスハガー的な物体は一体!?

[ソース:METROTOCANAENIGMEHUFFPOST、他]


関連記事
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
予言
NEW Topics
仮面ライダーアマゾンズ
衝撃!トルコの路上に…
軽くホラー 65
目撃!雲の上の○○
成人式で…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。