HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトUMA-未確認動物-  »  激写!屋久島の○○
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本土最南端の鹿児島県の佐多岬の南南西約60キロに位置する、日本で9番目に大きな島「屋久島」

459px-Yakushima.jpg

屋久杉の自生林などがユネスコ世界自然遺産に登録され、手つかずの大自然の宝庫として知られる屋久島で奇妙な生物らしき姿が撮影されたという。

FL000012.jpg
※屋久杉

その生物が写り込んでいた場所は、落差88メートルで日本の滝百選に選ばれている屋久島最大の滝「大川の滝」の前。
お盆入りの先月13日、写真の所有者の甥の友人の父親が撮影したものなのだが、「心霊写真を撮った」と所有者の携帯に甥がメールで送ってきたという。


それではご覧頂こう。


f6724774.jpg

おわかり頂けただろうか?
滝の前で記念撮影する少年少女たちの背後の滝に注目して頂きたい。
滝つぼの岩に座って前かがみになっている奇妙なその生物は、全身の色は黒みがかった緑で背中には甲羅、黄色のクチバシのようなものがついており、そして手にはきゅうりのようなものを持っているのが不鮮明ながらも確認出来るという。
その姿はあの伝説のUMA『河童』を思わせる。

かっぱ3

この話題は新聞にも掲載されネット上も騒然、その正体について物議を醸している。

6d89f651-s.jpg

オカルト評論家の山口敏太郎氏は、
「鹿児島でカッパは“がらっぱ”と呼ばれており、伝承では『ひょんひょん』と鳴きながら空を飛ぶともいわれています。
渡り鳥の鳴き声から生まれた『がらっぱ伝説』でしょう。しかし、この物体は不思議。われわれ日本人の先祖がこのような物体を目撃することでカッパを幻視してきたのではないでしょうか」
との見解だ。

屋久島、種子島を含む鹿児島県の大隅諸島にはカッパ伝説が数多くあるらしく、目撃情報も多数。
容姿や行動は本州のカッパとまったく同じだが、むしろ九州のカッパ伝説は本州より多いともいわれているという。

果たして写真に写りこんだ謎の生物の正体はいかに!?

[ソース: 東スポWebカガクニュース隊、他]




関連記事
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
火星を浮遊する○○
NEW Topics
仮面ライダーアマゾンズ
衝撃!トルコの路上に…
軽くホラー 65
目撃!雲の上の○○
成人式で…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。