HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト雑記  »  ドラえもんが…
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本人なら知らない人はいないほど有名なドラえもん。

derniere survie

そのドラえもんがなんとタイで亡くなっていたという…(;゚Д゚)
確かに作者の藤子・F・不二雄先生は亡くなってはいるが、
ドラえもんは今でもアニメとして放映され続けている。

一体、どういうことなのか?


実は、タイに住むフラープレン・ネムカランという女性が持つドラえもん人形こと、
「ジギアイ・ネクホン」の葬儀なんだとか。

地元新聞社の記事によれば、ネムカランさんは近くの幼稚園に
このドラえもん人形を生徒として登録しており、毎日車で送り迎えしていたらしい。
同じクラスの園児たちはドラえもんがいるということで大喜びだったのだが、
卒園を控えたある日、このドラえもん人形ジギアイ・ネクホンは、
ネムカランさんの夢に現れこう告げたのだという。

「ぼく死んじゃったんだ、よかったら人間と同じように葬式をして欲しいなぁ…」

このドラえもんの遺志を尊重して、ワット・マハロク寺にて
葬儀がしめやかに執り行なわれることとなったそうだ。

derniere survie

↑葬儀の様子
この泣き崩れている女性がフラープレン・ネムカランさんでしょうか?
自分の子が亡くなったかのような悲しみっぷりだ。
同級生の園児たちも大号泣だったそうだ。

derniere survie

derniere survie

ドラえもんは火葬され、望みどおりに無事天に召されたのだという。

これが問題のドラえもんの遺体?なのだが…

derniere survie

棺の中に丁重に納められているドラえもん…
つか、これ本当にドラえもんなのか??

それはさておき、謎なのが、何故死んだのかということだ。
元記事を漁ってみたが、それについては触れられていなかったのだが…
事故か?病気か?
それ以前に何故人形をしかもドラえもんを幼稚園の生徒にしたのか?

まったくもって謎だ…(`・д´・ ;)ゴクリ

まあ、人形には魂が宿るって昔から言うけど…ねぇ…(;・∀・)

ご冥福をお祈り申し上げます。


ちなみに、本物のドラえもんは健在で、映画ドラえもんシリーズ30周年にして30作目にあたる
「映画ドラえもん のび太の人魚大海戦」が、全国東宝系にて3月6日公開予定なんだそうだ。
映画ドラえもん のび太の人魚大海戦 公式サイト
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
おっさん専用車両
NEW Topics
仮面ライダーアマゾンズ
衝撃!トルコの路上に…
軽くホラー 65
目撃!雲の上の○○
成人式で…
Comment
1244
1. 無題
タイの人よくわからないヽ((◎д◎ ))ゝ
ずっといきてて幼稚園にいってて
次は小学校にいかせるんだったら
もうちょっとわかりやすいけど。
どうしてしんじゃったのかな?
やっぱり、タイの人わかんない。。。です。

1245
2. Re:けんちゃまさんへ
タイは神の国ですから、こんなことも全然OKなんでしょうw
これと同じことを日本でやろうものならキチ○イだーとか言われちゃうかもですww
そもそも何故人形を幼稚園に通わせていたの?そこが最大の謎ですよ…(;・∀・)

ちなみにタイの首都バンコクの正式名称は…
クルンテープマハーナコーン ボーウォーンラッタナコーシン
マヒンタラーユッタヤーマハーディロック
ポップノッパラットラーチャターニーブリーロム
ウドムラーチャニウェート マハーサターン アモーンピマーン
アワターンサティットサッカタッティヤウィッサヌカムプラシット
と、とてつもなく長いんです。
訳すると…イン神(インドラ、帝釈天)がウィッサヌカム神(ヴィシュヌカルマ神)に命じてお作りになった、
神が権化としてお住みになる、多くの大宮殿を持ち、九宝のように楽しい王の都、
最高・偉大な地、イン神の戦争のない平和な、イン神の卓越した宝石のような、
偉大な天使の都。
なんです。
ね、不思議な国でしょ?ww
まさに神の国なので、日本と考え方が根本的に違うんですよ。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。