HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト心霊・オカルト  »  キャンプファイヤー
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学6年の夏の話だ。
地域の子ども会の行事で、少年自然の家というキャンプ施設にキャンプに行った。

4年生から6年生までの男女9人と保護者数名という、
割とこじんまりとしたキャンプ。
普通に昼は森を散策し、夜は自分達で食事を作ったりした、ありきたりなものだ。

食事を終え、キャンプにつきもののキャンプファイヤーが執り行われた。

campF.jpg

何か出し物をするわけでもなく、誰となく怖い話をしようと言い出し、
怪談大会ということになった。

怖い本からのネタや昔からある都市伝説、人から聞いた話、自分の体験談などなど、
一人一人披露していった。
俺はというと、本当は体験談をしたかったのだが、
信じてもらえそうもないので、クラス担任から聞いた話を披露した。


やがて夜が更け、一通り怪談披露しきり、
そろそろお開きという時だ。

「あれなに?」

俺の隣にいたK君が近くの木の上を指差した。
皆、なになに?といった感じでK君が指差した木の上を見上げる。

そこにはサッカーボールより少し大きめの黒っぽい何かがあった。

「なんだろあれ」

肉眼では周囲が暗いせいもあり、確認出来なかった。
保護者のひとりがその黒っぽい何かを双眼鏡で確認した。

「みんな早くバンガローに戻って!!」

大声で叫ぶ保護者。

皆何が見えたのか興味深々だったが、
その保護者のただならぬ剣幕に恐怖を感じ、
我先にとバンガローに駆け戻った。

俺は何が見えたのか気になって仕方がなかったので、
どさくさに紛れ、双眼鏡を手に取り、
その黒っぽい何かを見てみた。

見たことを後悔した。
その何かは

明らかに人の首

驚き思わず声を上げかけたが、グッとこらえた。


翌日聞いた話だと、子ども等がバンガローに戻ったあと、管理事務所の人と共に調べたらしいが、
その時見えた黒っぽい何かはもうそこにはなかったという。
結局正体は鳥ということで片付けられてしまった。
本当のところは判らずじまいで、数十年経った今でもモヤモヤしてる出来事だ。


キャンプファイヤーは親睦の儀式だというが、
もしかしたら、楽しそうにしてる場に誘われて来た者かも知れない。

それか、怖い話していたから寄って来ちゃったか。
どちらにしろ招かれざる客には違いない。


関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
軽くホラー 35
NEW Topics
仮面ライダーアマゾンズ
衝撃!トルコの路上に…
軽くホラー 65
目撃!雲の上の○○
成人式で…
Comment
1996
 キャンプファイアーは臨海学校の時に
一度したくらいです。

 やっぱり山の上の自然の家みたいなところで
やりましたが、怪談話はその時はしなかったですね。

 やっぱり少しさびしい場所なので
何かが出そうな感じはありましたが。。。

1998
Re: ねころーさん
人が集まるとこには霊が集まる
怖い話してると霊が集まってくる…
いまだにトラウマになっている出来事です
あれは鳥なんかじゃない
顔の形した鳥なんて見たことない
明らかに首…
あれ以来怖くてキャンプとか行けないです

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

SHUZOH

Author:SHUZOH
Sex: ♂
Birth: 1.27
Born: Earth Japan
Blood type: A


dernière survie
フランス語で「最後の生き残り」という意

カウンター



お知らせ
2015.01.04
リンク追加

2015.01.04
ブログテンプレート変更

2014.05.05
ブログテンプレート変更

2014.04.23
怒り・クレーム カテゴリー追加

2014.03.01
「月間検索ワードランキング」カテゴリー名変更

2013.11.13
ドラマ・映画 カテゴリー追加

ブログ内検索フォーム
Twitter
Twitterボタン
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブロとも申請フォーム

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。